Background

近年日本のスタートアップが上場後に先行投資による赤字を適正に評価する株主に支持されず、上場後株価が低迷し、「攻めの成長戦略」にふりきれないケースも散見されます。
また、スタートアップが構造的に黒字化するための事業・収益基盤を構築するまでの相応規模の忍耐強い資本(Patient Capital)を提供できるレイトステージ 投資家が未だに少なく、未成熟のままマザーズに赤字上場するケースも生じています。

レイトステージとは、スタートアップ企業においてビジネスモデル及び収益構造が確立し、追加投資によりさらなる成長が見込める状態を指します。

Our Mission

Minerva Growth Partners(以下「MGP」)はスタートアップ企業が株式公開による資金調達という選択肢に限定されず、未上場のまま大型の資金調達を実行し、事業の成長に対してより大胆に経営資源を投下できる選択肢を提供します。
これにより、日本のスタートアップ企業が短期的な損益にとらわえず、中長期的なビジョンに基づいて大胆に投資を継続することで、日本の産業構造により大きな競争力・活力を注ぎ込んでいくと信じています。
MGPは主として欧米機関投資家の資金を背景とするグローバルなグロースキャピタルの提供を通じ、日本発でグローバルに比肩する次世代のカテゴリー・ リーダーの創出をバックアップします。